変化と不変

 中国 上海市嘉定区

1842年アヘン戦争終結後、上海は租界(外国人居留地)が設けられ租界時代が始まり、約100年間で外資導入による経済発展の土台を築く事になります。そして1980年代以降高度成長が続く。

上海の人口は、ここ10年間平均で約66万人増え続けており、その中には多くの出稼ぎ労働者が各地から来ている。また、一人っ子政策のため少子化、高齢化といった問題も抱えている。経済発展に伴って人口動態が急変しているのが現状です。

Show More